“そっとしといてくれ

でも、そばにいてくれ。”


オダギリジョー主演の
『おかしのいえ』というドラマで
嶋さんという流行らない銭湯を経営してた中年男性のことば。

不景気で銭湯をたたむ決意をし、就職するしかなくなって、50代でありながらも就活するんだけど中々上手くは行かず。

落ち込んでいたとき、
いつもオダギリジョーの家の庭でダラダラと過ごすお馴染みメンバーのひとりも一緒に就活をしていたので、
いつも嶋さんを励ましてくれてた。

彼はいつも、どこかパッとしない“ダサさ”があって。
だけどこころの優しいニートの青年。(ニートだったと思う)

彼はまだ若いということもあり、就職できるんだけど嶋さんは中々上手く行かない日々。
嶋さんはこころが不安定になり、ボーッと放心状態で危うくトラックに轢かれそうになってるところを、
青年は助けて代わりに亡くなった。


いつまでも、ダラダラと
いつまでも、変わらずに
いつまでも、昼間から駄菓子と誰かの動きをアテにつまんで、この庭で。
いつまでも、馴染みのメンツで
過ごすんだと思ってた。


だけど時間は、社会は常に動き、流れていて。
このままじゃダメだとみんな感じていて。
誰かが動き出し、それにあてられて
みんなそれぞれ動くんだけど、
勿論上手くは行かなくて。
その庭は帰る場所のようにずっとあるんだと思ってた。


青年が亡くなったことで、
いずれ来るであろう予感してたその日々の終わりはやってきた。

ひとりがなくなり、
3人となって。

嶋さんを励まそうと、
残りの2人も青年の死の現実を受け止められず、
癒せぬままだけど、なにかと考えて色々やってみるけどうまいこと出来なくて。

当然寂しさも悲しさも、罪悪感も未来への不安も、何も埋められなくて。

そんなとき、庭で嶋さんが放ったことばだ。


“そっとしといてくれ。
でも、そばにいてくれ。”


こんなに毎日顔を合わせているのに、他人のこころはわからない。
この距離でわからないんだぜ?
遠く離れた他国の人たち。
中東での絶えない戦争で傷付いた人たちのこころなんて
到底分からないよね。


みたいなことを、新聞の記事を見ながら言ってた画を覚えてる。


なんだかとても深くて。
だけど、悲しいけどそうだよな、とも思った。

ことばも行動も
どこか上滑りで安っぽくて。


だったらもう、

ただ静かにそばにいてやることが精一杯なんだって。


この距離をもっと意識しよう。
一年ほど前のドラマで、このことばだけはとても大切なんじゃないかと
紙に書いて机に貼ってたくらいだ。


もっと上手に距離を取ろう。


千 ノ ー ト

タンタン、トーン、タンタントーン

0コメント

  • 1000 / 1000