自然なかたち

ハタチ頃からか?

気付けば右側の前髪だけに集中して生えて来た白髪は、
年々少しずつ増えてきて、今や真っ黒い髪の一角から
完全にその存在を主張するようになってきた。


湿度や熱には影響されないけど
ピンどめやゴムで縛ると簡単に癖付く
扱いづらいほどにまっすぐだけど、
細く、柔らかい黒髪。

ある美容師さんが、髪質と人間性は一致すると言っていた話が
わたしには納得できる。

何物にも影響を受けない、固く芯のある強さではなく、
どこか不完全で脆く、危うさをふくんでる。

まさにこれはわたしの髪だね。

この白髪を気にして、敢えて隠してた時期もあったけど、
そいつはちょうど分け目のところに生えてあって、隠そうとしてもちらりと黒髪の一角から覗かせる。

まるで、「ここにいるよ」と、
遠慮がちにもその存在を主張するのが、“自然なかたち”なんだ。

なら、もうこいつを隠したり抑えつけたりせずに、いっそ出してやろうと
去年の夏にそう思った。

自然なかたちを与えてあげよう。

千 ノ ー ト

タンタン、トーン、タンタントーン

0コメント

  • 1000 / 1000